甲府東ロータリークラブ

2021~2022年度
甲府東ロータリークラブ会長就任にあたり

会 長  野 澤 英 彦



 【卓話や奉仕活動を通じて親睦を深める】

 今年度RI会長のシュカール・メータ(インド)氏が掲げるテーマは「SERVE TO CHANGELIVES~奉仕しよう みんなの人生を豊かにするために~」です。

 キーワードは「GROW MORE~もっと成長しよう~ DO MORE~もっと行動しよう~」、人生を豊かにするためにもっと行動してもっと成長しようと私は解釈いたしました。

 しかし昨今のコロナ過の中、まだまだ予断を許す状況ではありません。前年度もリモート例会になったり、開催された例会も短時間で終了しておりました。今年度も状況によってはそうせざるを得なくなるかもしれません。そのような状況になっても、会員の皆様の成長の一助としていただけるように工夫していきたいと考えております。

 また直近ではワクチン接種も本格化し始め、少しずつですが希望の光が見え始めました。状況を判断しながらではありますが、徐々に通常例会に戻していきたいと考えております。

 前年度5名の新会員にご入会いただき、入会3年未満の会員が10名を超える中で、例会での接触の機会が減ってしまったため、思う様に親睦が図れない状況でした。そこで今年度は内部卓話を増やしたり、奉仕活動の中で会員の皆様に近況報告をしていただく機会を設けたりしながら、会員相互の親睦を深められるように工夫した楽しい例会を行いたいと考えております。「今日の例会に出席して良かった!」「また来週も会いましょう!」「ぜひ入会してもらいたい知人がいるから来週連れてきます!」例会終了後にそんな話をしながら帰路についていただきたい。皆様の豊かな人生の一助となりますように。そのためには理事役員の皆様をはじめ、会員全員のご理解とご協力をいただかないとなりません。どうか1年間よろしくお願いいたします。