甲府東ロータリークラブ

2018〜2019年度
甲府東ロータリークラブ会長就任にあたり

会 長  岸 本   務


 さて、2018~2019年度国際ロータリーバリー・ラシン会長のテーマはBE THE INSPIRATION(インスピレーションになろう)です。
 これは、一人ひとりのロータリアンがその地域で行う奉仕活動を通じて、一般社会にロータリーは何をしている団体なのかを浸透させ、ロータリアンのその言動を通して、地域社会の人々へ良いインスピレーションを発信していくことです。
 本年度は、クラブの運営にあたり、もう一度ロータリーの意義・目的を全会員が把握し、その目標に向かって行動できるようにしたいと思って言います。そのためにもロータリーの意義・目的を明記しておきます。
【ロータリーの真の目的】とは
 意義ある事業の基礎として奉仕の理念を奨励し、これを育むことにある。具体的には
 第1 知り合いを広めることによって奉仕の機会とすること
 第2 職業上の高い倫理基準を持ち、役立つ仕事はすべて価値あるものと認識し、社会に奉仕する機会としてロータリアン各自の職業を高潔なものとすること
 第3 ロータリアン一人ひとりが、個人として、また事業及び社会生活において、日々、奉仕の理念を実践すること
 第4 奉仕の理念で結ばれた職業人が、世界的ネットワークをついて、国際理解、親善、平和を推進すること
 次にクラブの目的を明記します。
【クラブの目的】とは
 クラブの目的は、「ロータリーの目的」の達成を目指し、5大奉仕に基づいて成果あふれる奉仕プロジェクトを実施し、会員増強を通じてロータリーの発展に寄与し、ロータリー財団を支援し、クラブレベルを超えたリーダーを育成することである。
【本年度のクラブ方針】は「奉仕活動を充実させる」をテーマとしていきます。
 ロータリーは世界的にはたくさんの良いことを行っています。しかし一般の皆様にはそれほど理解されていません。本年度、バリー・ラシン会長の言われているように、ロータリーの奉仕活動をとおして、世間一般に「ロータリーはこんなに良いことをたくさんしているのです」を地域社会に発信していきます。同時に会員の皆様が、自他ともに認められるようなロータリアンとして、地域社会に貢献していきたいと思っています。
 そのために本年度は会員増強の実施を通して5大奉仕を充実させていきます。また30周年事業を実施し広く地域社会へロータリーの活動およびインスピレーションを発信して行きます。そしてクラブにおきましては、やるべき時は使命を実践し、またある時は楽しく、会員の皆様の親睦を図りながら実践をしていきたいと思います。
【具体的な活動】として
 1.会員増強の実践
 2.五大奉仕の充実
   ①クラブ奉仕の充実、②職業奉仕の充実、③社会奉仕の充実、④国際奉仕の充実
   ⑤青少年奉仕の充実
 3.三十周年事業の実施と地域社会に向けてロータリーのインスピレーションを発信していきます。
 以上を実施していく所存です。皆様とご一緒に、今年1年間一生懸命勤めてさせていただきますので協力の程、よろしくお願い致します。