私たちの暮らしは、様々な形のコミュニケーションで成り立っています。人々の思いや考え、意見などを言葉、音、文字、絵などを通じて相手に伝え、人間の感性を刺激し、交歓し合います。人間的なふれあいとその感触は何物にも代えられない暖かさを心に運んできます。だからこそ私達は、仕事を通じてこのヒューマンコミュニケーションを大切にしたいと願い、企画・プロデュースから製造までトータルな視点で印刷と紙メディアを世に送り出し、グラフィックによるコミュニケーションを創造してまいりました。
最新鋭のコンピュータシステムを駆使し、印刷の前工程であるプリプレスを、デジタルデータにより進行し、よりスムーズに、より高品質な印刷物の制作を可能にしてまいりました。
21世紀という一つのエポックをさらに本物のエポックにするために、私たちは従来の既成概念を捨て去り、印刷と紙メディアにかかわる「P&P」産業=プリンティング&ペーパー産業という大きな枠組みで、さらには、デジタルメディア・通信データの制作をふまえて、ワンソース・マルチ・ユースを訴えてまいります。そして、P&P産業の少國民社が担うのがまさに、ヒューマン・グラフィック・コミュニケーションであり、イコールこれからの印刷産業の真価であると思っています。