救急センターあゆみ業務案内
急な病気やけがに役立つまめ知識小児救急部門

#8000(夜間ご相談窓口電話番号)


急な病気やけがに役立つまめ知識

あなたにもできる心肺蘇生法

気道確保とは空気の出入りする通路を確保(開く)することであり、心肺蘇生法で最も大切なことである。
片手の手を前額部から前頭部にあて、もう一方の手の人さし指と中指を下あごの先の骨の部分に当てて、あごを持ち上げ気道を確保する(あご先挙上方)。

気道確保とは空気の出入りする通路を確保(開く)することであり、心肺蘇生法で最も大切なことである。
片手の手を前額部から前頭部にあて、もう一方の手の人さし指と中指を下あごの先の骨の部分に当てて、あごを持ち上げ気道を確保する(あご先挙上方)。


胸骨の下半分に両掌を重ねておき、体重を利用して、1分間80〜100回くらいで胸骨を圧迫する。
心肺蘇生法は、救助者が1人の場合は人工呼吸2回と心臓マッサージ15回を交互にくり返す。